HPLCの分析で大切な「脱気」って何だ

今週からいよいよ授業が始まってます
 
バイオ学科2年生は、
グループに分かれていろんな実験を始めています
 
HPLC(高速液体クロマトグラフィー)を使った分析実習班では、溶液の脱気作業中
 
HPLCで使う溶離液は、たいていの場合2種類以上の溶液を混ぜて使いますので、調製した溶離液中には余分な気体が入ってしまいます。
 
この余分な気体は、機器のトラブルや効率低下の原因になってしまうため、なるべく事前に減らしておく必要があるんです。
この作業を脱気といいます
 
脱気にもいろんな方法があるんですが、今日は減圧と超音波による脱気をやってみました
 
瓶の中に気泡が出てきてるのが見えるかな?
 
持つところを間違えてふたがとれちゃったりなど失敗もありましたが、いっぱい失敗した方が学べることも多いのでぜんぜんOK
 
先生のお手本の後、今日もみんなでわいわい実験しました~
医薬品・細胞培養・遺伝子・化粧品・食品・環境などライフサイエンスのあらゆる分野で活躍するバイオ技術者を育てるobmのバイオ学科
いろんな実験が体験できるオープンキャンパスも開催中
オープンキャンパスお申込み

パソコン・携帯で簡単予約

お手軽に電話で申込み
0120-68-3125

 

 


友だち追加数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実習レポート

  1. こんにちは!バイオ学科・バイオ技術学科主任講師の吉野みゆきです。「くっ、くやしい…」「やった!うまく…
  2. 皆様、こんにちは!バイオ主任講師の吉野みゆきです。5月に入ってお疲れが出てきていませんか?さて、みな…
  3. みなさん、こんにちは今日は久々にバイオの実習風景ムービーをお届けします来年4月からスタートする「エコ…

最新記事

  1. 名前Iさん出身校大阪電気通信大学高等学校お気に入りのもの愛犬チワワのノア内定…
  2. 名前Tさん出身校大阪府立花園高等学校お気に入りのものストラテジーゲーム内定先…
  3. 名前Oさん出身校愛媛県立伊予農業高等学校お気に入りのものカメラ、スヌーピー、Bo…
PAGE TOP